乾燥が肌に及ぼす悪影響

冬になると空気が乾燥してきますよね。そうすると、なんだかお肌もいつもより潤いがない。口の周りが粉をふいてしまっている。という経験はありませんか?

お肌の乾燥は、肌トラブルの原因になってしまいます。
また肌トラブルの原因のほかに、お化粧のノリが悪く気分が上がらない、見た目的にも老け顔に見られてしまうなど、生活する上でさまざまな悪影響がでてきてしまうのをご存知でしょか。
今回は、「乾燥が肌に及ぼす悪影響」とはなにか?ということを詳しくお話ししていきたいと思います。

乾燥を防ぐことによって、お肌のコンディションもよくなり日常生活も気持ちよく過ごすことができます。また、どのような方法で乾燥を防いでいけばいいのかも一緒にご紹介していきましょう。

乾燥が肌に及ぼす悪影響って一体なに?

具体的に乾燥が肌にどういったダメージを与え、肌にどのような悪影響を及ぼすのかを詳しく、見ていきましょう。

・シワが増える

空気が乾燥していくと、お肌の水分も取られてしまいお肌が乾燥してしまいます。
お肌には角質層というものが存在します。この角層は水分を蓄えハリのある肌にし、紫外線などの外からの刺激を防いでくれる働きがあります。
しかし、乾燥したお肌と言うのは、この角層の水分バランスが乱れてしまっている状態で、水分で柔らかくなっていたお肌が乾燥で水分を奪われことにより固くなってしまうのです。
また、乾燥した肌を放っておくことにより、ますます角層のバランスが崩れ、治りにくいシワや小じわになってしまいます。

・皮脂が増えて脂っこい肌になり肌トラブルが増える

人間は本来、自ら出す水分と皮脂のバランスが保てていると水膜を皮膚の表面に作り出します。
この水膜は、紫外線やホコリや菌などからお肌を守ってくれる働きがあるのです。
しかし、お肌が乾燥していると、水分が少なくなり水膜が作り出せない状態になってしまいます。そうすると、人間は肌を守ろうとして皮脂をたくさん分泌するようになります。
その結果、皮脂が増えてしまい、毛穴に脂がたまりやすくニキビや吹き出物の原因にもなります。
また皮脂が増えてしまうことによって顔のテカリなどが出てきてしまいます。お化粧がういてしまってノリが悪くなってしまう原因にもなります。

・顔のたるみ、老け顔になる

シワと同じように、乾燥するとお肌の水分がなくなってしまいバリア機能の低下につながります。そうすると、肌の弾力が低下して、どんどん皮膚がたれていってしまうのです。
この皮膚のたるみは老け顔を加速させる要因のひとつです。
また一度たるんでしまうと、元に戻すことは大変難しくなっていきます。そうなる前に、しっかりとケアしていきたいですね。

乾燥肌を防ぐためにできること

乾燥肌は様々な肌トラブルの原因になってしまいます。
肌トラブルになる前にケアをして乾燥からお肌を守っていきましょう。

・冬は加湿器や洗濯物を部屋干ししよう

冬は特に空気が乾燥してしまいます。まくらもとに加湿器を置いて、湿度を上げていくようにしていきましょう。

またおすすめなのが、洗濯物の部屋干しです。
濡れた衣類などを部屋に干すことによって湿度はグンっとアップします。実際に行ってみると洗濯物を干す前は部屋の湿度が30%でした。しかし部屋干しを行うと一気に湿度が50%まで上がってきました。
夜寝る前に部屋干しをすると、寝ている間も乾燥しづらくなるのでおすすめです。

・お肌の保湿をしっかりと行ってあげる

基礎化粧品などで、しっかりとお肌を保湿してあげましょう。
ここで気をつけてもらいたいのが、アルコール入りの化粧水はさけることです。アルコールは蒸発しやすく、お肌の必要な水分も一緒に蒸発させてしまいます。

せっかく保湿をしたのに、実はお肌を乾燥させていた…なんてこともあります。化粧水などを買う時はしっかりと成分などをチェックしていきましょう。

・水分も積極的にとろう

外からのケアだけでなく、内側からもしっかりとケアしてあげることが大切です。
とくに、水分はしっかりと取りましょう。乾燥の季節は体内の水分も不足しがちです。

寒い季節は汗をかきにくいので、水分補給が少なくなってしまいます。しっかりと水分を取り入れてお肌にも水分が行きわたるようにしていきましょう。

まとめ

今回は乾燥がお肌に及ぼす影響はどういったものなのかを具体的に見ていきました。
・小じわが増える
・吹き出物、ニキビなどの原因になる
・顔のたるみにつながってしまう
ということがわかりましたね。乾燥は、肌の老化を加速させてしまいます。出来るだけ若々しい肌でいたいのは、誰でも同じこと。
また間違ったケアをしてしまうと乾燥をさらに悪化させてしまうこともわかりました。
・部屋の湿度を高めに保つようにする
・アルコール入りの化粧水は使用しない
・水分補給でしっかり体内にも水分を与える
しっかりと正しいケアを行い、乾燥からお肌を守っていくようにしましょう。

カウンセリング予約はこちら

関連記事

  1. 乾燥対策に効果があるセラミドについて

  2. 疲労とは、なんでしょう?

  3. そばかすは遺伝するって本当?

  4. マリオネットラインの解消法!手軽な対策をご紹介

  5. 化粧品でしみ・そばかすを消せるの?

  6. 睡眠時無呼吸症候群の検査!?

  7. 飲み薬でシミって治るの?

  8. 首のシワ・たるみの原因と治療法

  9. 肌のハリに効く食べ物

  10. 眉間にしわが出来る原因と解消法について解説

  11. 乾燥肌の原因とケア

  12. インフルエンザワクチンについて