幹細胞培養上清治療

iPSが世に周知されて以来、にわかに再生医療分野は注目を集めるようになってきました。
その後、臨床応用への道は模索され、実用化に向けて今も盛んに研究は続いています。

誰もが『いつまでも健康で若々しく、豊かな毎日を送りたい』と願う一方で世界的に高齢化は社会問題にもなっており、ウエルエイジングの意味合いでも再生医療に対する期待はますます大きくなっています。

『細胞』そのものを用いた再生医療は、まだまだ技術面、倫理面での課題や、コスト面で、近寄りがたいイメージが強いかもしれませんがそのような中で、細胞を含まずに、比較的低コストで低侵襲 、低リスクな『幹細胞培養上清』を用いた治療に、臨床の分野でも期待が高まっています。

幹細胞、とはどんな細胞なのでしょうか。

幹細胞は、細胞分裂によって増殖し、自分と同じ能力を持った細胞に複製を繰り返すことができる(自己複製)能力を持ち、かつ、ヒトのからだを構成する、さまざまな機能を果たす組織細胞に分化できる(分可能)という特徴があります。

私たちが生きているあいだ、血液や皮膚など、たえず新しい細胞に入れ替わりが必要な臓器、器官があったり、けがや病気によるダメージを負った組織を修復、再生する必要がある、そのような働きを担っているのが幹細胞です。
そして、その幹細胞が分泌する何百種類ともいわれるエクソソーム、サイトカイン、グロースファクターなどが非常に重要な役割を果していると考えられています。

しかしながら、加齢とともに活躍できる幹細胞の数は減少し、その増殖率や能力も減弱していきます。結果的に、何もしなければ経年変化、経年劣化は不可避で、各臓器の衰えを食い止めることは現実的には難しいということになります。

今回、治療に使用するヒト幹細胞培養上清とは、、、?

体内に存在するヒト由来間葉系幹細胞を培養していく過程で、幹細胞自体はエクソソーム、グロースファクター、サイトカインなどと呼ばれる多種多様なたんぱく成分を産生、分泌しながら成長していきます。

つまり、培養済みの培養液中には、幹細胞だけでなく、それらのたんぱく質群が豊富に含まれていることになりますが、幹細胞そのもを取り除いた後の、上澄み液、(=幹細胞を含まずに、有用なたんぱく成分を含む上澄み部分を選択的に取り出したもの)が幹細胞培養上清、ということになります。
上澄み液に幹細胞自体は含まれていませんが、エクソソームと呼ばれる細胞間情報伝達物質や、細胞活性化物質(サイトカイン、成長因子)、酵素など数百種以上のタンパク質群が含まれています。

これらのたんぱく成分は、相互作用を及ぼしあいながら、老化や損傷などによって機能が低下した箇所を自ら見つけ出し、細胞間で情報交換や情報伝達を行い、修復に必要な細胞を集めるような動きもとります。周辺のみならず遠隔の細胞にも働きかけ、細胞同士が協調して連携を保ちながら活性化し、結果的に組織再生や修復を促す、と考えられています。

また、幹細胞が含まれていないことが、感染や過剰な免疫反応のリスクも少なく、むしろ安全である、という考え方もあり、倫理面での観点からのハードルが低く、幹細胞を用いた本格的な再生医療に比べれば身近な治療の選択肢の一つ、としてメリットがあるといえるでしょう。

幹細胞培養上清の活用範囲と効果

幹細胞培養上清には、その含有している成分により幹細胞そのものを使った治療に遜色ない効果を発揮できる分野もある、とかんがえられています。

こんな方にオススメです

【全体的なお悩み】

・加齢のせいか回復が遅い
回復しにくい
・免疫力や抵抗力を高めたい
・痛み(疼痛)で悩んでいる部分、部位がある
・年齢による機能低下を色々な面で感じる
・視力や筋力、体力が落ちた
・寝付きが悪く、疲れがとれない
・更年期のような症状が気になる
(男性、女性問わず)
・アトピーやアレルギーの症状が強い
・リウマチなどの自己免疫疾患で悩んでいる

【アンチエイジング 美容関連】

・薄毛が気になる(男性、女性問わず)
・シワ、たるみ、しみ、くすみなどが気になる
・美肌、美白、肌質改善を目指したい
・ニキビ跡や傷跡に悩んでいる
・太りやすく、痩せにくくなった

効果面のまとめ

幹細胞培養上清の投与により、上記のような症状、状態に対してさまざまな臨床効果が報告されています。 短絡的な表現にはなりますが、何らかのかたちで上清を体内にとり入れるということは、さまざまな細胞の若返りに必要な要素を補完する、ということに他なりません。

幹細胞を含まないぶん、組織の再生に直接的な効果をもたらすものではありませんが、本来わたしたちの身体に備わっている治癒力や再生力の向上が期待でき、間接的な修復作用や、元あった良好な機能状態に導く作用は十分にのぞめる方法と言えます。

当院では、
①これまでの薬剤等による治療とは違った作用、アプローチで改善や回復が見込めるという点②これまでの治療との組み合わせが可能で、かつ相乗効果が期待できる点にも注目しており特に美容系の施術については、目的に合わせた統合的なコンビネーション治療によって各々の施術の作用が増幅され、効果に結びつきやすいと考えています。

ヒト幹細胞培養上清は 臨床の現場において老化していく体や機能を元の状態に引きもどし、身体の内側から本来の若々しさや健康、美しさを取り戻す重要なブースターとしての役割を担っていくでしょう。

デメリット

本格的な再生医療ではないとはいえ、自費診療の範疇での治療になりますのでコスト面の負担があります。 1回の投与で効果が永続するわけではなく、効果の持続期間にも個人差があり、継続的な投与が推奨される治療法になります。

エビデンスをはっきりとした指標で計測できる、というものではなく、自覚症状や自己評価によるところが大きく、効果判定において客観性に乏しい面があります。

副作用についてはこれまでに報告されておりませんが、点滴、注入による一過性の腫れや内出血、針跡、導入部位の熱感や赤み、発疹、掻痒、アナフィラキシー症状の可能性は、他の治療や薬剤と同様に、完全に否定できるものではありません。

治療の流れ

STEP1
無料カウンセリング/診察

グロースファクターに関して、治療方法、安全性やリスク、適応、効果などを医師より詳しくご説明します。
また、患者さまの目的やお悩みなどを伺い、最適な投与方法、処置方法を選択致します。

STEP2
治療方法の選択と投与

A.点滴による全身投与B.目的や部位による局所投与
(局所注射、導入、塗布)

STEP3
治療後のケア

治療後は、そのままお帰りいただけます。
水分を十分にとり、ゆっくりお休みください。

・当日からシャワー、洗顔、は可能ですが、激しい運動や飲酒はお控えください。
・まれに低血糖症状に似た状態になる場合があります。
・人により、眠気が強く感じられる場合があります。

費用 (消費税別途)

点滴による全身投与
▼脂肪幹細胞由来
1cc(1A) 40000円
2cc(2A) 70000円
3cc(3A) 90000円

▼臍帯由来
coming soon

▼歯髄由来
coming soon

▼目的や部位による局所投与
頭皮(水光マシン・ナパージュ注射・ダーマペン4による導入など) 60000円~
顔面(水光マシン・ナパージュ注射・ダーマペン4による導入など) 60000円~

頭皮、顔面等、局所投与にて上清治療を行う場合には、該当するエリアの範囲、程度に応じてカウンセリングの上で適切な投与量を決定し、施術費用を明確にご案内させて頂きます。

治療上の注意について

治療の頻度や回数は、個人の症状、状態や目的によって異なりますが、複数回、継続することで持続的な効果が期待できます。 治療開始初期は週に1回程度、その後は症状や状態を確認しながら2週に1回程度、更に月1回程度、と回数を調整していきます。 定期的に継続することにより、回復した機能の持続に繋がります。

■ 体調により、医師の判断でお断りをする場合がございます。
■ 現在治療中の疾患がある方はご相談ください。
■ アレルギー疾患をお持ちの方、薬剤アレルギーがある方はご相談ください。
■ 悪性腫瘍の診断を受け、治療中の方、または治療後、5年以上を経過していない方はご相談ください。
■ 安全性を考慮して妊娠中・授乳中の方はお断りしております。
■ ヒト由来の成分注入によるリスク回避の観点から、献血はお控えください。

当院で扱う幹細胞培養上清の安全性について

当院では、「純国産 原液のヒト幹細胞培養上清液」を使用しています。 劇物や毒物除去、滅菌処理の徹底などはもちろんのこと、厳正なドナースクリーニングをクリアした、健康な日本人から採取した幹細胞を、ヒト・動物由来成分不含無血清培地を用い、国内最高水準の設備で培養した際に得られる、安全で高品質な上清液です。