リフト治療 テノール



脂肪除去をせずにリフトアップを目的としたのが『テノール』。高周波バイポーラ治療として安定した効果を出している低侵襲のたるみ治療です。
お肌のコンディションが気になりだしたらいつでもはじめられます。ダメージもなく、ダウンタイムの少ない安心治療。
30代の早めのたるみ予防はもちろん、気になるこじわ、たるみケアとして安全で有効なコラーゲン造成治療です。

小顔シェイプ&リフト テノールシェイプ

『テノールシェイプ』は、リフトアップにタイトニングを加えた贅沢メニュー。
従来のテノール治療をさらに進化させ、脂肪をとりながら引き締め&リフトアップを行う2段階治療としてパワーアップしています。

テノール・シェイプの2段階効果 ―小顔・たるみ対策には、支合除去とコラーゲンの造成です―
テノールシェイプ治療では、まず、お顔の余分な脂肪をウルトラアクセントの超音波によって代謝分解させ、その後に高周波でコラーゲン造成、引き締めを行うダブルアプローチの治療です。

施術の流れ

1.カウンセリング
肌の健康状態、質感、体調、どのような皮膚・肌質を望むかを伺い設定を行います。(テノール治療を受ける、受けないにかかわらず、洗顔した状態でのカウンセリングになります。)

2.施術ウルトラアクセント(超音波・高周波)
テノールをお顔全体、または首まで照射します。お顔全体では40分ほどの施術時間となります。治療の感覚は痛みもなくつぼを押されるようなリラックス感もあるテノールですが、熱治療のため、部位によっては灼熱感を感じる場合があります。

3. トリートメント間隔
施術を4~5回、最短でも2週間は間隔を空けます。その後の治療はメンテナンスとして1カ月に一度を定期習慣とされるのを推奨します。