スレッドリフトの特徴

スレッドリフトというのは、かえしのついた特殊な糸を皮膚の下に挿入し、たるんだ皮膚や筋肉を引き上げる施術方法です。特殊な糸には、単に引き上げ効果があるだけでなく、周辺の皮膚と皮下組織を刺激する働きもあるので、コラーゲンやエラスチンの生成量増加、皮膚の代謝アップなどの効果が期待でき、肌にハリを与えることも可能です。
当院では、時間が経つと組織に吸収される、吸収糸タイプを持続期間のバリエーションでご用意し、使い分け、使用しています。

こんな方にオススメです

たるみ・しわ
ほうれい線中
顔面リフトアップを希望の方

メリット

本格的なリフトアップ手術とは異なり、皮膚を切開するのはごくわずかで、ダウンタイムが短く、体への負担が少ない施術方法です。 施術の際は針と糸を使用しますので、ごく小さな切開創が残る程度で、一時的な腫れは生じることもありますが、時間が経過すれば近くで見ても目立たなくなります。
また、スレッドリフトはたるんだ部分を物理的に引き上げますので、注入剤や照射系治療よりもリフトアップ効果が高く、術直後からその違いを感じていただけます。

デメリット

スレッドリフトで使用する糸は徐々に体内に吸収されていきますので、効果は永久ではありません。持続期間は糸の種類により、半年から1年ほどで、状態を維持するためには再度施術を繰り返す必要があります。
また、あまりにもたるみが進行している場合、スレッドリフトだけでは十分に効果が発揮できないことがあります。

施術の流れ

カウンセリング
カウンセリングでは施術方法や術後の注意点を説明するほか、しわ、たるみなどの肌の状態を確認したり、どのようになりたいかなど患者さまのご要望をおうかがいいたします。

麻酔・デザイン
治療部位に麻酔を行い、不自然な仕上がりにならないよう、糸の挿入方向などを決めていきます。

施術
糸が内包された針を皮下に挿入します。針(外筒)を引き抜き、糸を留置していきます。(施術直後はやや過矯正気味の仕上がりになります。)施術する部位や本数にもよりますが、所要時間は30分程度です。

<アフターケアと術後の注意点>

・クレンジングや洗顔を行う際はできるだけ刺激を与えないようにしてください。
・フェイスマッサージなどは、術後から1か月はお控えください。
・術後は内出血が生じることがありますが、1~2週間ほどで消失します。
・頬が突っ張ったり、口が開きにくい、引っ張られる感じがする、などの感覚が生じる場合がありますが、1~2週間程度で自然になります

<スレッドリフトを受けられない方>

・ケロイド体質の方
・皮膚感染や皮膚に炎症が起きている方
・妊娠中の方、またはその可能性がある方
・授乳中の方
・抗凝固剤を服用中の方
・局所麻酔剤にアレルギーのある方
・過去にスレッドリフト等を受けた際に赤み、腫れ、かゆみが長引いた方

スレッドリフトの料金

▼PDO吸収糸(約半年〜1年 持続)
28000円/本(目安:通常4〜6本使用)

▼PCL吸収糸(約2年 持続)
40000円/本(目安:通常4〜6本使用)

注意:
部位、程度、により、本数を決定します。
使用する糸の種類にもより、カウンセリング後に正確な費用をお伝えします。