生まれつきのものが多く、施術での除去をあまり考えることのないほくろ。
しかし、大きなほくろはもちろん小さなほくろでも、ある場合とない場合では、顔の第一印象は大きく違ってきます。これまでほくろで悩まれていた方は、除去することで気持ちの面でも変わるはずです。
平らなほくろ、ふくらみのあるほくろ、大きさや色の濃さなど、ほくろの種類によって「レーザー治療」と「切除手術」による施術で除去を行います。比較的小さなほくろに対しては、レーザーで治療を行うため、短時間で除去することが可能です。レーザー治療、切除手術のどちらも、傷跡は最小限にきれいに仕上がり、安全面での心配もありません。
顔以外の背中や腕などにあるほくろも部位に関係なく、同様に除去することができます。一人一人に合った施術を行います。

ご参考までに注意を要するホクロは以下のようなものがあります。

大人になってからできたもの
足の裏、手のひらにあるもの
爪の下にあるもの
形がいびつで濃淡があるもの
急に大きくなるもの
詳細についてはご相談下さい。

ほくろができる原因

ほくろは母斑細胞から生じる「腫瘍」の一種です。
シミの場合は紫外線などの肌のダメージが要因となりますが、ほくろに関しては特にこれといった理由はなく、先天的にも後天的にも発症する可能性があります。
基本的にはシミとほくろは別の物ですが、シミがほくろに変異するきっかけになることがあります。
ほくろと一口に言っても、色が黒いものもあれば薄いものもあり、隆起しているもの、平坦なものなど、見た目だけで自己診断するのは大変難しいものです。
まずは、ご来院いただき、それがほくろなのか、あるいはどういった種類のほくろなのかの診断した上で治療させていただきます。

ほくろは放っておくと危険なのか?

ほくろは前述のとおり「腫瘍」です。しかし、腫瘍には大きく分けて悪性と良性の2種類があり、悪性の腫瘍は放置しておくのは危険です。
いびつな形をしていたり、大きくなるスピードが異常に早いようなら悪性のリスクがあります。
ほくろが悪性だった場合は、保険治療の対象となります。そのため、まずはほくろが悪性なのか良性なのかの診断をくだす必要があり、良性であると判断された場合は自費治療の対象となります。

ほくろを除去する施術の種類

ほくろの除去には、主に3つの手法が使われます。そのうち、どれが優れているというものではなく、ほくろの種類、できている部位や大きさに「適した手法」を選択することが重要となります。

メスによる切除法
その名のとおり、メスによって直接ほくろを切り取り、縫合します。レーザーなどでとりきれない大きな、あるいは隆起したほくろの除去、シワの方向性に沿って切った方が傷跡が目立たないと判断した場合に用いられる手法です。

くり抜き法
切り取るといういうよりは、掬いとるようにほくろを切除する手法です。顔のほくろは切除後の傷跡が目立ちやすく、鼻の頭や下などシワの少ない部分は通常の切除よりもくり抜き法の方が綺麗に仕上がりやすいです。

ほくろの除去に使用される器機

ほくろの除去に用いられる器機は様々な種類がありますが、当院では「炭酸ガスレーザー」によるレーザー治療と「高周波メス」による切除法を主としていますので、各器具の特徴をご紹介します。

メスによる切除法
炭酸ガスレーザーは、ほくろを切るというよりは蒸発させるように除去するものです。出血が少なく、均一な照射できる特徴があり、小さなほくろに用いられることが多いです。

高周波メスの特徴
通常のメスよりも出血が少なく、周囲の皮膚組織に優しいので施術後の傷の治りを早める効果が期待できます。削り取るように除去するので大きなほくろに向いています。

ホクロ治療(レーザー除去)(CO2レーザー、高周波メス)

直径の小さいもの(2mm以下)ものはレーザー除去をおすすめいたします。

<レーザー除去の特徴>

径の小さいもの(2mm以下)
人工的な瘢痕が気になる(避けたい)方
整容面を重視したい方
集中的に通院ができない方
* レーザー治療の場合、同一部位に対して平均2~3回の施術が必要です。 (4回目以降は再診料3,300円のみ頂戴します。)

ホクロ治療(レーザー除去)(CO2レーザー、高周波メス)の料金表

レーザー治療 1㎜~ 3,300円 / mm

ホクロ治療(切除法)

直径の大きいもの、隆起が著しいもののほくろは切除法をおすすめいたします。

<切除法の特徴>

径の大きいもの
隆起が著しいもの
急に大きくなったり、濃くなるもの
形が不整でにじんでいるもの
病理検査を望む方(良性、悪性の鑑別)
1回の治療で終わらせたい方
* 切除法の場合は健康保険が適応の場合もあります。ご相談下さい。