にきび・にきび痕は、年齢に関係なく多くの方が気にする肌トラブルの代表です。
にきび治療のための市販薬も多く販売されており、それだけにきびに悩まれている方も多いのでしょう。一方、悩んでいる方が多い割に軽視されがちなのも、この肌トラブルです。
当院では、にきびのみの治療だけでなく、スキンケアまでを含めた、総合的な治療が可能です。
また、にきびだけでなく、にきび跡にお悩みの方も多いと思います。肌表面が凹んでしまったり、赤黒く色素沈着を起こしたりと、スキンケアでは治らずメイクで隠すしかないと考えている方も多いようです。でも実は、にきび痕も適切な治療を行うことで治すことができるのです。当院では、それぞれの肌やにきび跡の状態をきちんと見極め、最適な治療法をご提案します。

にきびができる原因

毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌などの細菌によって皮膚が炎症してしまった状態を「にきび」と称されます。

ビタミンや抗生剤によって治療することもできますが、美容クリニックによる治療なら、にきびによる皮膚荒のケアもできるというメリットがあります。

にきび跡ができるメカニズム

「にきびを潰してしまうと跡が残る」という逸話が有名ですが、実は専門医が同じようなことを的確に行うのであれば、むしろ初期段階での効果的な治療です。

にきびは一度できたら同じ場所に何度もできやすい傾向にあり、つまりは同じ個所が繰り返し炎症を起こしたり、皮脂がたまりやすく毛穴がつまりやすいということです。それが要因で毛穴が広がったり、肌の瘢痕化によって皮膚が固く変質することで「にきび跡」と称される状態になります。

にきびができないようにするには?

にきびの予防は、肌ケアなどの表面的なことも大事ですが、生活習慣改善による内面的なケアも重要です。にきびができやすくなる生活習慣は以下のものです。

  • 寝不足
  • ストレスが多い
  • 喫煙
  • 酸化物の多い食事(コンビニ弁当など)
  • お酒やコーヒーをよく飲む

上記のうち、全面的な改善は難しいものもあるかもしれませんが、少しでも意識をもって変えていくことが大事です。
女性の場合、生理前にはにきびができやすくなるので、生理前のタイミングに抗菌剤を飲むというのも効果が期待できます。

治療法

美容クリニックでの治療は、現状のにきびの治療と、にきびをできにくくさせるような予防的治療の両方をおこないます。

フォトフェイシャルとピーリング、内服、外用やホームケアを組み合わせることが多いですが、なにが効くのかは人によって違うので試行錯誤しながらの治療になることもあります。

にきび治療において重要なのは、「にきびができたらなるべく早く治す」ことです。
傷跡を気にして放置してしまう方もいますが、にきびを長期間放置してしまうと、かえってにきび跡が残りやすくなります。

サーマクールCPT


ほうれい線やマリオネットライン、深く刻まれてしまったしわなどは、肌の弾力が低下してしまうことで引き起こされます。
サーマクールでは肌の弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンが生成されるので、たるみのなかった若い頃のような状態に近づけることができます。
たるみやしわを改善したい方にはもちろんおすすめですが、たるみやしわを予防したいという方にもぴったりな治療法です。

詳しく見る

 

フォトフェイシャルファーストm22


フォトフェイシャルは、お肌に優しい光を当てて、主にくすみ、シミ、そばかす、赤みなど肌の色素系トラブルを改善し、肌の生まれ変わり(新陳代謝)を促していきます。

詳しく見る

 

ケミカルピーリング


ケミカルピーリングとは、酸を用いて表皮の古くなった角質層をはがし、表皮、及び真皮浅層に刺激を与えることにより新しい皮膚の再生を促します。

詳しく見る

 

美白剤(トレチノイン酸・ハイドロキノン)


シワに効くと言われているトレチノインや美白成分ハイド ロキノンを処方します。

詳しく見る

 

Skin Peel Bar


スキンピールバーは表皮や毛穴に残った汚れを古い角質を取り去り皮膚本来の「きめ」や「艶」を甦らせます。

詳しく見る