白金坂の上診療所 美容皮膚科専門サイト

カウンセリング予約

ブログ

雀卵斑(そばかす)と老人性色素班の違い

2019年1月31日

雀卵斑(そばかす)と老人性色素班の違い

雀卵斑は、一般的に目の下やほほに点在する細かい色素斑のことをいいます。
「そばかす」といえば皆さんも聞き馴染みがあるのではないでしょうか。肌の白い人に特にできやすい傾向にあります。また、浴びた紫外線に対しての防衛反応が強い人もできやすいと言われています。防衛反応が強いと色素を作ることで肌をガードしようとするため、そばかすが増えてしまうのです。
そばかすができる原因としては、紫外線の影響もありますが、遺伝性が高いと言われています。

もう一つの老人性色素班は何かというと、繰り返し浴びた紫外線によって発症するいわゆる「シミ」のことです。そばかすと違って色の濃さやできる箇所、大きさも様々です。
シミは新陳代謝が悪くなることが原因で発症しますが、他にもストレスが起因しているといわれています。

それぞれに効果的な治療法

色素斑に対しての治療法はどれも基本的には同じになります。
「出来てしまったメラニン色素を代謝しておとしていく治療法」と「新しいメラニン色素を作らせないようする治療法」というのを組み合わせて行っていくのですが、組み合わせはシミの種類によって変わります。

通常のシミに対してはレーザーまたは光治療を行い、新たなメラニン色素が作られないよう対策をすることで、徐々にシミを薄くしていきます。

そばかすの場合は細かく散らばった色素斑に対してアプローチしていかなければならないので、全体に照射ができ、術後のカバーがいらないフォトフェイシャル治療などの光治療が効果的となります。

また、そばかすは通常のシミより再発しやすいという面があるので、できにくくするためにビタミンC等の内服もあわせて行っていただくこともおすすめしています。