肝斑 | しみ、しわ等のお肌の悩みなら東京 白金台にある美容皮膚科専門サイト 白金坂の上診療所

白金坂の上診療所 美容皮膚科専門サイト

カウンセリング予約

診療メニュー

肝班

30~50歳代の女性の額や頬、口のまわりに見られる、やや赤みを帯びた黄褐色のシミです。
東洋の女性では、およそ8割に見られるというほど一般的なものです。特徴的なのは、左右対称に現れることで、頬骨の上に最も生じやすいと言われています。シミのようにはっきりと単独ではできません。

発生要因は紫外線やストレスの影響ももちろんありますが、それよりも女性ホルモンの影響が大きく関わっていると考えられています。他のシミと異なり、月経前に濃くなり、月経が終わると薄くなるのが特徴です。月経のほか、妊娠やピルの服用、女性ホルモンバランスの乱れも関係していると言われています。

肝斑を一般的なシミと間違い、レーザー治療やフォトフェイシャルなどの強い刺激を与えてしまうと、肝斑が濃くなることもあります。肝斑の特徴に心当たりがある場合は、専門医に相談し適切な対応を行うことが重要です。

肝斑と普通のシミとの違い

肝斑とは女性の顔にできるシミの一種です。普通のシミとの違いは、肝斑は「女性ホルモンの影響」によって生じるという点でしょう。そのため、男性にできることは少なく、月経周期に合わせて濃くなったり薄くなったりします。
東洋の女性では、およそ8割に見られるというほど一般的なものです。特徴的なのは、左右対称に現れることで、頬骨の上に最も生じやすいと言われています。シミのようにはっきりと単独ではできません。

また、肝斑は目の下や頬などに左右対称にできやすいという変わった特徴をもちます。見た目や色に関しては、紫外線などによるシミと混合しているケースもあるため、これはシミ・こちらは肝斑、と断定することは難しいです。

先ほど述べた通り、肝斑は女性ホルモンの影響を強く受けますので、妊娠前後や30代後半など「ホルモンバランスが変動する」タイミングでできやすいとされています。

その他にも睡眠不足やストレス、食習慣などによるホルモンバランスの乱れも、肝斑ができる要因となりえます。

肝斑を一般的なシミと間違い、レーザー治療やフォトフェイシャルなどの強い刺激を与えてしまうと、肝斑が濃くなることもあります。肝斑の特徴に心当たりがある場合は、専門医に相談し適切な対応を行うことが重要です。

肝斑は治りにくい?

肝斑は治りにくいというイメージが強いシミですが、厳密にいうと治りづらいというよりは「再発しやすい」と言った方が正しいです。
加えて、再発のサイクルも非常に早いため、治療後すぐに再発してしまうケースもあります。

フォトフェイシャルファーストm22

フォトフェイシャルファーストm22フォトフェイシャルは、お肌に優しい光を当てて、主にくすみ、シミ、そばかす、赤みなど肌の色素系トラブルを改善し、肌の生まれ変わり(新陳代謝)を促していきます。

詳しくはこちら

美白剤(トレチノイン酸・ハイドロキノン)

美白剤(トレチノイン酸・ハイドロキノン) シワに効くと言われているトレチノインや美白成分ハイド ロキノンを処方します。

詳しくはこちら

Skin Peel Bar

Skin Peel Bar スキンピールバーは表皮や毛穴に残った汚れを古い角質を取り去り皮膚本来の「きめ」や「艶」を甦らせます。

詳しくはこちら

診療予約はこちら(完全予約制)

03-3447-3377

診療時間
8:30~19:00(水・土 8:30~12:30)

カウンセリング予約はこちら

診療時間
8:30~19:00 ×

診療時間
8:30~19:00(水・土 8:30~12:30)
休診日
日曜日・祝日・水、土曜日午後・第5水曜日

  • メディカルスキンケアシリーズ 咲麗(さきうら)コスメティクス
  • Co2バイオレットパック(炭酸パック)
  • 男性専用外来・男性の薄毛・ED・更年期治療
  • 人間ドック・がん・脳梗塞・心筋梗塞・認知症・栄養解析
  • 保険診療はこちら 白金坂の上診療所

白金坂の上診療所ブログ

インスタグラム

facebook

スタッフ募集