白金坂の上診療所 美容皮膚科専門サイト

カウンセリング予約

ブログ

飲み薬でシミって治るの?

2018年4月10日

みなさんこんにちは!

 

シミ治療には様々なものがありますけれども一体どれが一番良いのでしょうか?

 

確かにレーザー治療であればダイレクトに皮膚に照射しますのでメラニン細胞を消すことができるのはなんとなくイメージできるかもしれません。

 

だけど、わざわざ治療院へ行かなければいけない。

 

また、料金もそれなりに高いのでは?

 

そのように考えられる人もいらっしゃるでしょう。

 

では、手軽にシミ治療ができる飲み薬で治すことは可能なのでしょうか?

 

本日は飲み薬の効果についてお話しします。

 

シミ対策の飲み薬とは?

 

一度シミができてしまうと気になって仕方がありません。メイクを行うときに鏡に自分の顔が写ったときにシミがあると嫌ですよね?

 

もちろん、シミに効果的な飲み薬はあります。

 

確かに、化粧品は生活習慣の改善と併用することで活用できないことはありませんが、それで効果があるかないかは別のお話です。

 

ちなみに、シミ対策の飲み薬は大きく分けると二つで、OTC医薬品、医療用医薬品に分類されます。

 

・OTC医薬品・・・市販の薬局で購入できる薬のことで、大衆薬、市販薬などとも呼ばれます。

・医療医薬品・・・病院などで受診を行い診断医が処方箋を発行します。それを調剤薬局に提出することで初めて購入することができます。

 

 

シミの飲み薬における医薬品に含まれる有効成分とは?

 

厚生労働省がシミへの効果を認可した有効成分として含まれていることで初めて医薬品として販売できます。

 

シミの有効成分は様々なものがありますが、「L-システイン」「ビタミンC(アスコルビン酸)」を配合したものが多いです。

 

L-システイン・・・紫外線や外部刺激を受けると、メラノ細胞にあるチロシナーゼが活性化されることを抑制しますのでメラニンが必要以上に作られないように制御します。さらには、新陳代謝を活発にしますから新しい皮膚が作られメラニン色素を薄くする効果も期待できます。

 

ビタミンC・・・食品添加物でアスコルビン酸と表記されることが多いです。

何故食品添加物に使われるのでしょうか?

それは、非常に強い抗酸化作用があるからです。高濃度のアスコルビン酸を使用することでメラニンの生成を抑制したり、シミとなったメラニンを薄くするなどの効果が期待できます。

 

医薬品のサプリメントはどう違う?

 

巷で販売されているもの中で一見すると医薬品なのか?サプリメントなのか?見分けがつきにくいものがあります。

 

しかし、医薬品とサプリメントは全く違うモノですので選別するためにも予備知識として理解しておくとよいですね。

 

医薬品とは、厚生労働省が治療に効果があることを認めている有効成分が配合されたものになります。

 

一方で、サプリメントの場合は、あくまでも食品です。

栄養補助食品と記載されてある通り、「効果があります!」などと謳うのも薬事法の関係で出来ないのです。

 

 

シミに効果的な内服薬の飲み方について。

 

シミだけではなく、医薬品を服用する場合は二点確認しておかなくてはいけないことがあります。

 

1.副作用の症状

2.用法・容量を守る

 

たとえば、食べ合わせ、飲み合わせなどが考えられます。

普段からほかの薬を服用されている場合は薬同士の掛け合わせにより副作用を招く可能性もありますので用法をチェックします。

 

そして、必ず用法・容量が定められていますのでその手順に従って摂取しましょう。

 

効果を高めたいからといって、大量に摂取することは意味がありませんし、副作用のリスクを増やすだけです。

 

医薬品だから効果があるというのはうそ?

 

今回は治療薬のお話をしましたが、症状を抑えるだけの薬もあります。

よい例が風邪薬などですが、基本的に薬だからすぐ治るということはありません。

 

凄い効果のある薬というのはそれだけ副作用も強いものです。

たとえば抗がん剤などはそれに当たりますよね。

 

ですので、シミを治療できる成分が含まれている医薬品を飲むのは確かに効果は期待できますが、それと併用してスキンケア、UV対策、健康的な食事を意識します。

 

薬ありきで生活習慣を改善することにより、何もしないよりかは効果は早く表れるでしょう。

 

しかし、一番効果的なのは、患部にレーザーを照射することです。

 

これであれば、ダイレクトにメラニン細胞を破壊することができます。

 

当院でも推奨しているアコレードを使用すれば10分程度の照射で効果的なしみ治療が受けられます。

 

また、料金もリーズナブルな価格になっております。

 

詳しいことはぜひ一度ご相談ください。

 

専門家がアドバイスさせていただきます。

http://shirokane-biyou.com/

そばかすは遺伝するって本当?

2018年4月10日

みなさんこんにちは!

 

突然ですが、最近そばかすでお悩みではありませんか?

 

これが色白の肌にできるとほんとに目立ちますよね。

 

なにも、顔だけではありません。

背中、肩などにも薄っすらとした直径1~4㎝程度の斑点ができることがありますよね?それもそばかすです。

 

日焼け止めクリームなどUV対策はしっかりと行っているつもりですが、昔からあるそばかすが一向に消えないなんて経験はありませんか?

 

そんなそばかす…もしかしたら遺伝が原因かもしれません。

 

ちなみに、ご両親、ご兄弟にそばかすが多い方はいらっしゃいませんか?

 

もし、いらっしゃるならば、遺伝からくるそばかすの可能性が非常に高いと思われます。

 

 

■そばかすと遺伝の関係性

 

大阪大学の田中亀代教授の研究チームは、皮膚にしみ、そばかすが多発する遺伝病の原因遺伝子「紫外線高感受性症候群」を突き止めました。

 

正常な皮膚細胞であれば損傷したDNAを修復することができますが、患者の細胞は修復することができませんでした。

 

この研究チームは紫外線の原因遺伝子「UVSSA」に誤作動が生じると、紫外線で傷ついたDNAを修復する物質が分解されてしまうことを発見しました。

 

つまりは、そばかすと遺伝は密接な関係性をもっており、それによりそばかすができる可能性は否定ができないということです。

 

もちろん、親御さんがそばかすをお持ちだからといって、必ずそばかすが発症するということは断言できませんが、原因の一つとして十分に考えられます。

 

参考文献 ‪http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2012/03/20120329_1

 

 

■遺伝するそばかすの特徴

 

遺伝が原因で続いているそばかすは大人になれば消えてしまう。

消えないとしても薄くなるということはよくあるケースです。

 

自分や知人、友人をみて、小さいころは顔に濃いそばかすがいくつもできていたのに大人になってからは大分きれいになった。わからないぐらいになった。

といった経験はありませんか?

 

10代でそばかすが酷いからといってまだ焦る必要はありません。

時間とともにそれがなくなる、目立たなくなるケースも十分にあり得ます。

 

■大人になってもそばかすが消えない

 

では、遺伝により10代はそばかすが酷い状態だった。

それが、20代になっても消えずに残り続ける場合もあります。

 

何故でしょうか?

 

こういった場合には「遺伝によりそばかすが発症後、そのままメラニン色素を生成するような生活習慣を送ることで大人になっても消えないそばかすを作っている」可能性があります。

 

・日光を気にしない

・乱れた食生活

・スキンケアを怠る

・ストレスが多い

・睡眠不足

 

などが考えられます。

特に、こどもの頃は野外で遊ぶことも多いでしょう。そのときから日焼け止めクリームを使用しない、10代後半になってもその習慣が抜けない場合、消えないそばかすを作る原因になると考えられます。

 

■まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回はそばかすと遺伝の関係性についてお話しさせていただきました。

 

基本的には遺伝によるそばかすは、放置しておけば消えることが多いのです。

 

それなのに、消えないということは、UV対策を行わない、メラニン色素がたくさん作られるような生活を送っていることが考えられます。

 

すると、そのままメラニン色素が蓄積されていき20代、30代になって消えないそばかすが現れるケースが考えられます。

 

もし、気になることがあれば一度、当医院へご相談ください。

 

専門医がアドバイスさせていただきます。

http://shirokane-biyou.com/

【Instagram】美容パック企画♪

2018年3月19日

気温の変化が激しく、体調を崩しやすい時期です。

🌸も開花が相当早まったようですが、

また明日、明後日は最高気温が10度くらいまで下がるとのことです、、😵、、みなさん、お気をつけくださいね!

と同時に、花粉症は少々辛い時期に突入しましたが、眠気少なく、早く効くお薬なども登場していたり、減感作療法という選択肢も。

ご希望の方は診察にいらしてください。

 

さて今日はお気に入りのパックをご紹介します。

バイオセルロースという素材で、保湿力に優れ、密着性の高いマスクタイプのパックです。

美容液がたっぷりと含まれていて使用感も大好きな感じです😊

しっとりしながらもベタつかずサラッとしていて心地良い、、❗️

贅沢な気分にさせてくれるパックですがコストパフォーマンスが高いところもオススメポイント🤗です。

 

そして、この度、

フォトフェイシャルを受けて頂いた方に、このパックをプレゼント🎁させていただきます。

当院のInstagramをフォローして下さった方、

四月末までの期間限定とさせていただきますが、フォロー頂けました方は受付スタッフにお申し出下さい🙂

 

この機会に是非お試しください❗️

★こちらからチェック★

 

化粧品でしみ・そばかすを消せるの?

2018年3月2日

みなさんこんにちは!

「鏡をみると知らない間にぽつんとシミができている…」

「気が付いたらほっぺに薄いしみができている…」

「若いころは綺麗だったのに最近そばかすが増えてきた…」

など、

顔に少ししみができるだけで随分と印象が変わります。

そこで、しみやそばかすを解消するために化粧品を使用することを検討される人も多いですが実際のところ気になるのが効果です。

果たして化粧品を使い続けることでしみやそばかすを消すことができるのでしょうか?

しみに効果的な化粧水とは?

しみやそばかすに効果的な化粧水は「表記」次第です。
実はパッケージに記載されている情報である程度は判断することができるのです。

例えば、

1.美白
2.医薬部外品

特にパッケージで「美白」と表記できる化粧水は、国が認可した美白成分が含まれた医薬部外品に限定されますからしみやそばかすの対策にはなります。

そして、しみ、そばかすは個人差もありますので自分に合った有効成分が含まれているものを購入するとよいでしょう。

1.しみ、そばかすの予防をしたい
2.しみ、そばかすを薄くしたい

この2つの有効成分は異なります。
下記に厚労省が認可した4つの美白成分をまとめましたので、参考にしてみてください。

1.シミを予防する(チロシナーゼ活性阻害)
・アルブチン-アルブチン、α‐アルブチン
・トラネキサム酸-トラネキサム酸、m-トラネキサム酸

2.シミを薄くする(メラニン排出促進)
・エナジーシグナルAMP-エナジーシグナルAMP

3.シミを予防+薄くする
(チロシナーゼ活性阻害・メラニン色素還元)
・ビタミンC誘導体-パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、3-O-グリセリルアスコルビン酸(3GA)他

様々な美容成分がありますが、大きく分けると4つ。
特にビタミンC誘導体はしみ、そばかすの予防、緩和の効果がいずれも期待できます。

クリニックによってはビタミンC誘導体を注入する施術もあるぐらいですからね。

ビタミンC=アスコルビン酸と覚えておけば簡単に判断できるかと思います。
もし成分を見分けるのが難しいのであれば「医薬部外品」を選べばよいです。

使い続けないと意味がない。

しみ、そばかすを薄くするため、予防するために化粧水を使用するとしても1日、2日使っても全くと言ってよいほど効果が期待できません。

重要なのは、最低でも数ヶ月、お肌に合えば 1年、2年使い続けるということです。

確かに、高い化粧水を使えば効果は期待できるでしょうが、「お金がもったいない…」といった理由でやめては意味がありません。

高価なものを続けることが難しいのであれば、手の届きやすい値段で、ある程度効果が期待できる化粧水をオススメします。

安い化粧水は使うどうなのか?

「医薬部外品」が含まれている化粧品は効果があるとお話ししましたが、必ずしもそれでないといけないのでしょうか?

やはり、経済的な負担を考えればお手頃な化粧品を選ぶ人も多くなるでしょう。

ところが、

1.値段が安い
2.CMなどの宣伝を目にする機会が多い

この2つの条件に当てはまっている化粧品は使用することをおすすめはしません。

なぜなら、安い上にコマーシャルをたくさん配信しているということは大半を広告宣伝費に使用していることから品質もあまり良いものではないと考えられるからです。

そのため、最低限「医薬部外品」と記載されており数千円程度のモノを選ぶことをオススメします。

シミとりレーザー(アコレード)のほうが効果的な治療法

このように、医薬部外品と記載されている化粧水であればある程度 効果的ではありますが限界があります。

化粧水を使い続けて、一度出来上がったしみやそばかすをなかったことにするのは現実的には難しいのです。

そこで、おすすめなのが当院でも推奨している「アコレード」というシミ専用レーザー治療です。

アコレードは、しみ、そばかすなど表皮にできた色素沈着や皮膚病変を短時間で治療することができるハイパワーなQスイッチアレキサンドライトレーザーです。

波長はアレキサンドライトを使用、選択的高熱治療の原理を採用したマシンになります。

ターゲットのしみやそばかすに照射することでメラニンがレーザー光を吸収することでその細胞が破壊されます。

さらに、リンパシステムが破壊された細胞とメラニン除去を行ってくれます。

このようなレーザー治療は紫外線や加齢による老人性色素斑に効果を発揮してくれます。
しみ、そばかすが消えないという方は、ぜひ当クリニックの治療をご検討ください。

しみ・そばかすの原因とは?

2018年3月2日

みなさんこんにちは!

「しみがなかなか消えない。」
「そばかすが気になる。」
「すっぴんでもきれいでいたい。」

など、しみ、そばかすで悩まれて当院へ来られる方って結構いらっしゃいます。
もちろん、その人に合っている治療法を提案しますから効率的な施術が可能なんです。

そもそも、どうして「しみ」や「そばかす」ができるか知ってますか?

これを知っているだけで、しみ、そばかすがどうしてこんな簡単に治療することができるのか?理解が深まると思います。

そこで今回は「しみ」「そばかす」の原因についてまとめてみました。

しみの原因

■ しみの原因はメラニン色素

しみができる原因はメラニンという物質です。

まず、核細胞の中には人体の設計図であるDNAがあります。
紫外線を浴びるとコレが破壊されてしまうのです。
すると、間違えた設計図で組織を作り始めますからがん細胞が作られます。

けれども、がん細胞は命にかかわるため表皮の最下層に位置するメラノサイトがメラニン色素を生成し細胞を黒色化させます。

つまりメラニンを作ることでDNAまで紫外線が来ないようにガードの役目を果たしているのです。

■ メラニンが何故しみになるのか?

ご存知の通り、本来であれば体を守る良いものだと思われるメラニン色素。
通常であれば皮膚の新陳代謝により剥がれ落ちるはずです。

ところが、紫外線など強い外部刺激を受けている場合、メラノサイトが必要以上に活性化されてしまうことで、大量のメラニンが作られます。

すると、いくらターンオーバーを頑張っても処理しきれませんから、しみとなって皮膚に残ってしまうのです。

このように根本的な原因はターンオーバーが乱れることです。
ですから、紫外線はもちろん、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、摩擦、など刺激を与える要素はすべてしみの原因となると考えられます。

■ しみの種類と特徴

・老人性色素斑
紫外線は日光性黒子の原因になりますが、老人性色素斑は若いころに浴びた紫外線によるダメージが加齢とともに現れてくるものです。

紫外線というのは浴びた直後にすぐにしみを作り出すのではなく、蓄積していく特徴があります。

老人性色素斑はしみの代表格ですが、DNAまでしっかりと届いてしまうので一度で出来てしまうと完治は難しく、再発することもさけられません。

出来てしまえば、治すことを考えるしかありませんが、本当はそれよりも作らないように予防することも大事です。20代前半から紫外線対策を行うことをおすすめします。

・肝斑

30~40代の女性に多く、頬、口の周辺、額など、左右対称に現れるしみです。
特に、妊娠中やピルの服用がきっかけで発症しやすいといわれています。

原因は女性ホルモンが大きく関係していると考えられていることから、閉経とともに改善することもあります。

・脂漏性角化症

シミの角質化が進み、突出した状態になったものを脂漏性角化症といいます。
しみができやすい顔だけに限らず、手の甲などにもよく発症します。
市販の化粧品では効果が得られないことがほとんどで、レーザー治療が一番おすすめです。

そばかすの原因

■先天性と後天性の二つのそばかす

そばかすの原因は大きく分けると子供のころにできる先天性、大人になってからできる後天性の二種類です。

先天性のそばかすの原因は大半が遺伝によるものです。
ですから、思春期を過ぎるころには大概は自然と消えていきます。

ところが、「思春期を過ぎたとしても治らない…」となればそれは大人になってからできる後天性のそばかすを疑いましょう。

また、こどものころからそばかすが消えないのは、過度に紫外線を浴びることでメラニンが蓄積され大人になっても続いてしまうという場合です。

そして、ストレス、睡眠不足、食生活など生活習慣によるものですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「しみ」「そばかす」の原因や種類についてお話ししました。
お話したの通り、しみ、そばかすはなかなか解消できるものではありません。

「市販の化粧水を使っているけど治らない。」
「しみによいと謳うサプリメントも効かない。」
「子供のころからのそばかすが治らない。」

しみ、そばかすのトラブルの悩みは本当に絶えることはありません。
しかし、ほとんどの方は正しい対処法を知らずに専門家でない方の情報を鵜呑みにしてしまい、残念ながら間違えたことを実践してしまうこともあるのです。

しみ、そばかすに限ったことではありませんが、個人によって症状、体質が異なれば当然対処法も異なるわけです。

ぜひ当クリニックへご相談ください。
専門医が適切なアドバイスをさせていただきます。

レーザー治療でしみが消える理由とは

2018年3月2日

こんにちは!

今日はレーザーでのしみ治療についてです。

しみ治療を簡単に済ませようと化粧水やサプリメントで何とかしようと考える方もいらっしゃいます。

確かにこれは不可能ではありませんが真皮まで浸透しているシミを解消するには膨大な時間がかかってしまいます。

本来であれば日ごろから紫外線に当たらないように過ごす、食事に気を付ける、スキンケアを行うなど対策をするべきなのでしょうが、一度出来てしまってから頑張ってもすぐにしみは消えません。

当院では、その一つとしてレーザー治療を推奨していますが、しみ治療には非常に効果的な施術法です。

ところが、本当に効果があるのか?など懸念を抱いている人も多いかと思いますのでまずはレーザー治療ってどういうモノなのか説明しますね。

レーザー治療って何?

しみとは、紫外線や摩擦などの外部刺激を受け続けることで、肌が反応してメラニン細胞を生成、深層部にできたメラニン細胞が新陳代謝で上手く取り除くことができずに、そこに沈着し続けている状態のことを指します。

ここにレーザーを照射することで、皮膚の深部にあるメラニン細胞だけを破壊することができます。

そんなことをしてほかの皮膚は火傷しないのか?

など、不安に思われる人もいますが、レーザー光線の場合正常な皮膚に照射したとしてもほとんど火傷は起こりません。

都合よくメラニン細胞だけを取り除いてくれるので安心して施術を受けることができます。

その後、照射した個所がかさぶたのようになることがあります。
これは数日のうちに剥がれ落ちて1か月程度は赤みが残りますが、これも3〜4か月も経過すればきれいな肌となります。もちろんレーザー治療後のアフターケアはとても重要なのですが。

レーザー光線は他の光と何が違う?

レーザー光線が紫外線など自然界に存在する光と大きく異なる点は、赤外線、可視光線の中から特定の波長を抜粋して作った人工的な光であることです。

そのため、波長もシンプルで一定の方向に動きます。

もちろん、治療法によりどの波長で照射するかも調整を行う必要がありますのでシンプルとはいえ一つの光線や照射時間だけではありません。

エックス線のように発がんリスクが伴うモノではありませんが、不可視光線が目に入ることは危険なので、施術中は目に入らないように瞼を閉じるか、カバーをするなどの防御策が必要になります。

症状に応じて照射時間を変える

レーザーを照射する時間をパルス幅というのですが、

これが短ければ熱伝導も低いため、面積が狭く深部まで届きやすくなります。

反対にパルス幅が長ければ照射時間は長くなりますので熱伝導も高くなり、面積が広く浅いところのメラニン細胞に効果的です。

このように、パルス幅を変えることで深部、浅部のメラニン細胞など目的用途に合わせてコントロールすることができます。

しみとりレーザーの効果は高くなっている。

これまでレーザー治療の仕組みについてお話ししましたが、レーザー治療の効果は医療と科学技術の進歩により高まってきています。

レーザー治療で完治するまでおよそ6か月程度といわれていますが、施術してからの治療経過はこのようになっています。

初日~数日後
・レーザー治療を照射することで炎症を起こしますので、テーピングとガーゼで処置します。
4~10日後
・個人差がありますが4~10日程度で患部にできた、かさぶたが取れはじめます。
11日~
・かさぶたが取れると赤くなりますが、ここから新陳代謝を繰り返し1~3か月程度できれいな肌になります。

このように1~3か月経過後、きれいに完治できるのであれば、ほかの個所を施術することができます。

ここでまだしみが綺麗に除去できない場合は、再度レーザー照射を行う場合もありますが、まだ肌が弱っている段階でレーザー照射を行うと炎症性色素沈着を起こして、更に濃いしみを作るリスクがあります。
ですので、そういった場合の治療方法については慎重に経過を見ながら選定していくことが大切になります。

また、レーザー照射後は、術後経過を見るため通院する必要がありましたが、当院ではスマホ美容カウンセリング(遠隔診療)も行なっています。

しみレーザーの料金は本当に高いのでしょうか?

しみのレーザー治療は化粧水やサプリメントなどと比較すると本当に高いのでしょうか?確かに、1か月の化粧品でかかる経費は3,000円~5,000円ほど。

ちなみに、しみレーザーは種類によっても異なるので一概にはいえませんが、当院でシミ治療に使用しているアコレードであれば4mmまで5000円で治療することができます。

たとえば、化粧水を1年間を使い続けたとしても、しみが綺麗に消えるということは現実的には難しいです。

これに対して、アレキサンドライトは直接ターゲットとなるメラニン細胞を破壊するので非常に高い効果が得られます。
圧倒的に化粧水を使用するよりもお得になると思います。

しみ治療に悩んでいる方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
あなたの肌にあった治療をご提案させていただきます。

しみのお悩みについて、レーザー治療について、お気軽にご相談ください。

 

ビデオ通話でご自宅や外出先から受けられる【スマホ美容カウンセリング(遠隔診療)】も行なっています。お気軽にご相談ください。

人間ドック

2018年2月19日

当院では、一般健診から雇用時健診をはじめ、

各種健診・検査を実施しており、検査内容も充実させています。

 

特に、人間ドックのお問い合わせをよくいただきます。

最近では、ご家族へのプレゼントや会社からの依頼なども増えてきました。

 

当院の「人間ドック」には、2種類のコースがございます。

① がん発見に注力し、PET/CT検査、血液検査を行う

 「がんドックコース」

 

② がんドックコースの内容はそのままに、

 軽度認知障害、脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクや、

 日常のメンテナンスにも目を向け、日々不足している栄養素・健康状態も併せて検査する

 「総合がんドックコース」

 

各検査の内容や詳細は下記よりご確認ください。

人間ドックのご案内

 

日本人の死因の1位はがんですが、

続いて動脈硬化が原因とされる心疾患、脳血管疾患が続きます。

本格的に検査をお考えの方も多いかと思います。

まずは、お気軽にご相談ください。

UV対策(日焼け止め)プラスリストア♪

2017年9月19日

 

みなさんこんにちは!

当院で扱っているプラスリストアの日焼け止め。

リピーターの多いこちらの日焼け止めですが、
美容・保湿成分に加え、もう一つお肌に良い成分が入っています。

 

それは『フラーレン』!

 

あまり聞き馴染みはないかもしれませんが、、

フラーレンは強力な抗酸化作用があり(抗酸化力はビタミンCの172倍!)
活性酸素をスポンジのように吸収・無害化する作用があります。

 

また、様々な効果が期待されており、
医薬品や化粧品成分として世界的に注目されている成分なんです。

当院の化粧品にも入っています♪

フラーレン使用者の94%が肌明度アップを実感なんてデータも!

 

お子様にもお使いいただける、
肌にやさしいノンケミカルのミルクタイプ(SPF25/PA++)

汗・水に強いローションタイプ(SPF50/PA++++)

がございます!

 

サンプルのご用意もあるので、
気になる方はお気軽にお声がけください!

 

スマホで診察・スマホで美容カウンセリング(遠隔診療)

2017年9月11日

 

白金坂の上診療所では、

パソコンやスマホを利用したオンライン診察(遠隔診療)を開始しました。

ビデオ通話でご自宅や外出先から受診いただけます。

 

スマホ診察(遠隔診療)では、
主に内科・皮膚科・美容皮膚科の診療メニューをご用意しております。

 

★内科・皮膚科などの保険診療では、
当院で継続治療中の診察で症状が安定している場合に受診いただけます。

ビデオ通話でご自宅や外出先から受診でき、
お薬が必要な方には、ご登録いただいた住所に処方箋をお送りいたします。

 

★美容皮膚科では、
当院の美容カウンセリングを受診いただけます。(自由診療)

ビデオ通話でご自宅や外出先から受けられます。

初回からご利用いただけますので、
美容治療(施術)や お悩みについて、お気軽にご相談ください。

★AGAやED治療につきましてもご相談ください。
お薬の郵送も可能です。

 

■■必ずご確認ください■■
★ご予約には会員登録が必要となります
★会員登録する際、クレジットカード情報の入力が必要となります
★ご予約日の1週間前から前日までのご予約をお取りいただけます
★各メニューごとに診療日時が違いますのでご確認ください
★オンライン診察(遠隔診療)の予約は、来院予約とは違いますので、ご注意ください。

 

<スマホ診察(遠隔診療)はこちらから>
(来院予約とは別のシステムとなります)

 

<初回利用マニュアル>
(アプリのインストールから利用方法について)

飲む日焼け止め(U・Vlock)♪

2017年9月1日

 

みなさんこんにちは!

最近話題の飲む日焼け止め。
当院にも国産のU・Vlockという商品があります。

患者様から多い質問が、
『これを飲んでいたら塗る日焼け止めは使わなくてもよいの?』
というもの。

残念ながら飲む日焼け止めだけで肌を直接守ることはできません。

 

飲む日焼け止めは紫外線を浴びたことで発生する肌老化の元凶である活性酸素のダメージを弱め、
シミの要因であるメラニン色素の産生を抑制するインナーケアです。

塗る日焼け止めで物理的な紫外線をブロックし、
飲む日焼け止めで紫外線の影響を受けにくくするWケアがオススメです。

 

U・Vlockは1粒で24時間ケアできてしまうのでお手軽ですよ。

私も使っています!

 

sakiuraコスメティクス 化粧水の話♪

2017年8月28日

 

前回、洗顔について書きましたが、

 

今回は”sakiuraローションAP”という
ノンアルコール、パラペンフリーの化粧水です^ ^

 

これ、、初めてつけた使用感としては、

お肌がパーンとはったようなさっぱりとした化粧水ですが、
乾燥しないのが、この化粧水のスゴイところです!!

 

洗顔後の角質に素早く馴染み、
アプレシエ(APPS1%と高濃度)とAA2Gが4%配合されている為、
うるおいを閉じ込め、お肌に透明感を引き出します。

 

しっかりと角質を取り除いた後のお肌に、
たっぷりと栄養を加えてあげる

スキントラブルを防ぐためには必要となるので、
より効果を実感できるように、洗顔と合わせての使用をオススメします^ ^

その後は、美容ジェルで保湿保護していくとより効果的です♪

 

ご興味のある方は、
当院で実際に使用していただけますので、
お気軽に看護師、受付、医師へおたずねください^ ^

 

sakiura スキンケアのご案内(洗顔)♪

2017年8月14日

 

普段なにげなくスキンケアを選んでいた私ですが、

夏に入り、お肌のダメージを感じやすくなってきたこともあり、、
基礎化粧品を一度見直すことに ♪^ ^

 

そこで試したのが「sakiuraコスメティクス」です。

 

元々スキントラブルが多く皮脂や角質がたまると、
ニキビができやすく、私自身とても悩んでいました。

特に、刺激の強い化粧品でお肌が荒れてしまうことも多い敏感肌でもあります。

そこで一度 診療所のテイスターを試用、
赤み や かゆみが出なかったので、一式 試しに継続してみることにしました!

 

まずは洗顔♫

使用感としては、ポンプを押すだけで泡が出てくる洗顔で、
これで古い角質を落としてみたところ、

1ヶ月継続した結果、
お肌のキメが細かくなり、

汚れがこんなにたまっていたんだなと少しびっくりしました♬

特に気になっていたニキビが徐々に減ってきて、
ニキビ跡になっていた部分も少しずつ薄くなってきたのを1ヶ月で実感できたのです( ´▽`)

洗顔には2種類あって、

私が使用した
①”sakiuraクリーミーウォッシュG4(本格的角質ケアができるピーリングフォーム)”と、

②ソフトな角質ケアができる”sakiuraクリーミーウォッシュR”があるので、
お肌の状態に合わせて選択することができます。

 

スキンケアは洗顔から!!
と言われる程、洗顔は重要ですね♪

古くなった角質は、かさつき や くすみを起こす原因にもなり、
化粧品の浸透も大きく変わります。

当院で実際に使用していただけますので、
お気軽に看護師、受付、医師へおたずねください^ ^

 

CO2パックのご紹介♬

2017年3月1日

みなさんこんにちは🌷

お肌の乾燥が気になる今日この頃。。。
炭酸CO2パックを試してみました!!

私は入職して1年となりますが、
入職後すぐこのパックCO2パックを試してみたところ、
一晩でお肌に潤いと透明感が✨

これが病みつきになり、約1年、お肌の乾燥が気になる時に使い続けています。
なぜなら、乾燥から小ジワや肌荒れになってしまうからです(>_<)

これを使い始めて、乾燥によるニキビが落ち着いたのがなにより嬉しいです(*゚∀゚*)
特に季節の変わり目など、肌荒れの時にパックをしてあげると落ち着くのです♫

夏の日焼けした肌にも、ひんやりと冷たく炭酸泡がパチパチと
お肌に美容成分が吸収されていくのが見てわかり、
夏は1週間に1度 使用しています。

お肌の状態に応じてパックの仕方やお手入れを変えてあげる必要性を実感できるパックだと思います。

また、毎日パックは大変!!
という方にも、週に1度でOKなので自信を持ってオススメできるパックだと思います。

ぜひ一度お試しください♬

 

【CO2パックについて】

睡眠時無呼吸症候群の検査!?

2017年2月1日

突然ですが、、

「疲れがとれない」「いびきがうるさい」「寝苦しい」

このような症状はございませんか?

心当たりのある方は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。
ご存知の方も多いかと思いますが、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

医学的には、10秒以上、気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸とし、
無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは、1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、
起きているときの活動に様々な影響を及ぼすことです。

気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。。

 

こちらのサイトもご確認ください【睡眠時 無呼吸なおそう.com

 

当院では簡易検査(保険適応)を実施しております。

自宅で手軽にいびきや呼吸をチェックできます!!

手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べます。

自宅で出来る検査なので、

普段の生活をそれほど心配せずに検査することができます。

詳しくは、ご相談ください!!

 

AGA治療(ザガーロカプセル処方)について

2017年1月13日

当院では、ザガーロカプセルの処方を実施しております。

男性型脱毛症(AGA)で発毛に興味がある方はご相談ください。

 

ザガーロカプセルを服用することで、

脱毛部位に太く長い毛の本数が増えるといった効果が期待できます。

AGAの原因のひとつと考えられる

「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの産生を阻害し、ヘアサイクルを正常に近づけることで発毛を促進します。

※DHTは、髪の毛の成長期を徐々に短くします。そのためAGAでは髪の毛が十分に成長しないまま退行期を迎え、髪の毛が次第に細く短くなって薄毛となります。

 

詳しくは、こちらのサイトをご確認ください。【発毛Web

 

当院では、通常の診療時間での診察・処方はもちろん、

男性専用外来も実施しておりますので、ご活用ください。

毎週 金曜日(祝日を除く) 20:30〜 男性専用外来(自費診療)