白金坂の上診療所 美容皮膚科専門サイト

カウンセリング予約

ブログ

眉間にしわが出来る原因と解消法について解説

2018年5月31日

みなさんこんにちは!

 

今回は眉間に出来る「しわ」についてお話します。

若い方でも眉間の「しわ」は珍しくはありません。

でも、眉間にたった一本しわが出来るだけでも印象も随分かわります。

本人は特に怒っているつもりではないけれども、相手には「この人怒っているのかな?」「いつも怖い顔をしているな?」などマイナスイメージを与えてしまうこともあります。

そんな、眉間のしわって意外と見落とされがちなんです。

普段の心がけ次第、エクササイズでも解消することができますので、本日は眉間のしわの原因から自宅で簡単にできる解消法についてお話しします。

 

眉間にしわができる原因

表情に癖がある

「視力が悪い」「遠くを見る」「何かに集中」こういうときに眉間にしわを寄せる癖がある人は多いです。

けれども、残念ながらこれらは自分で眉間にしわを作る行為でもあるのです。

例えば、痛みを感じたとき、力んだとき、顔をしかめてしまいますが、このときに眉間にしわを作ることにもなりかねません。

一度、二度、では、しわになりませんのでなかなか意識されないかもしれませんが、これを繰り返し行うことで深いしわを作ってしまうのです。

 

乾燥肌

しわのできる原因の一つとして乾燥肌があります。

肌内部の水分が抜けることで、弾力が失われますから、しわを作る原因となります。

更に、先に紹介したような眉間にしわを寄せる癖があると、ここに物理的な力を加えるわけですから、しわを悪化させる原因にもなり得ます。

乾燥肌を招く原因はさまざまです。日ごろからスキンケアを行っていないことはもちろんですが、水分不足、食生活も関係してきます。

 

肌の弾力が失われる

若いころは比較的、何もしなくても肌の弾力は維持できたはずです。

それは、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」といった成分が十分に満たされているからです。

けれども、加齢と共にその量が徐々に減少していきます。

弾力、ハリ、潤いが弱くなった肌は先ほどの話の通りしわが出来やすくなります。

つまりは、若いころはともかく、年を重ねたときに眉間にしわを寄せるようなことを行うことで、眉間のしわを作るリスクを高めることになります。

このように、眉間にしわが出来る原因はある程度決まっています。

若いころでも眉間にしわを寄せる癖があれば横に線ができます。

また、加齢や何かしらの要因で、乾燥肌、肌の弾力の低下、それだけで薄い眉間のしわが出来ますが、さらに顔をしかめる癖があれば眉間に濃いしわが出来る可能性があります

ですので、一番気を付けていただきたいことは癖をなくすことです。

次に重要なことは肌の潤いを保つため日ごろからのケアがポイントになります。

 

自宅で簡単にできる眉間にしわを予防する方法

 

では、眉間にできるしわを予防するにはどのようなケアを行えばよいのでしょうか?

普段からこれを行っていればある程度は眉間のしわを解消できる。

そんな、予防法について紹介したいと思います。

 

眉間にしわを寄せない

まず、眉間にしわが出来る一番の原因は表情を直すことです。

確かに、日ごろから顔にしわを作る癖があるとなかなか治せるものではないというのもわからなくはありませんが、これも意識の問題です。

例えば、眉間にしわを寄せる原因を考えてみると、遠くのものが見にくいとか、目が悪いからどうしても眉間にしわが寄ってしまう。

重たいものを持ち上げるときに眉間にも力が入ってしまいますのでそれによりしわが出来る。

目が悪くてものが見えにくい場合は、ものが見えやすいように改善を行うことが一番です。

「遠くのものをみる」「重たいものを持ち上げる」という行為に対しては、一度リラックスして眉間や額に力が入ってしまわないように、意識してみてください。

特に眉間にしわを寄せる必要性はありませんので、常日頃から眉間にしわを寄せず伸ばすことを意識しましょう。

 

エクササイズ

目を大きく開く顔のエクササイズは、目元の周辺の血液、リンパの流れを改善してくれますのでしわ予防には効果的と考えられます。

顔はまっすぐ前を、目線は上を向ける、眉の筋肉でおでこのお肉を持ち上げるようなイメージでトレーニングを行います。

ここでワンポイントアドバイスになりますが、舌を前に出すことでその効果を高めることができます。

 

スキンケア

肌がカサカサな状態であるということは顔をしかめただけでしわが出来やすくなるといっても決して大げさではないのです。

ですので、化粧水、乳液などを使用してしっかりと水分を肌に浸透させて潤いをキープするということはとても大切なことなのです。

また、顔をしかめる癖がなくても乾燥肌の場合、それだけで眉間に浅いしわが出来ることがあります。

このような浅いしわは、セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、ビタミンC誘導体が入っている化粧水を使用すると効果的です。

ちなみに、眉間のしわが深いと感じる場合は真皮のコラーゲンが減少している可能性があります。

そのため、コラーゲンを作るためにもビタミンC誘導体、アミノ酸が含まれている化粧水を使用すべきなのです。

 

食生活

直接、食生活がしわができるというイメージがわかないかもしれませんが非常に大事なことです。

たとえば、弾力を持たせるためにコラーゲンを作ることは大事なことですが、食べ物一つだけでコラーゲンをつくれるか?

この辺も大きく変化します。

コラーゲンの材料は、アミノ酸、水、鉄、油、ビタミンCです。

バランスの良い食生活を送ればこれらを同時に摂取することはできるでしょう。

ところが、現代人の食生活を見る限りそれはなかなか難しいかもしれません。

たばこ、飲酒が酷くなくともストレス一つでビタミンCは消耗します。

このようなことからもサプリメントを活用して十分に摂取量を満たすことで美肌を作ることも可能なのです。

 

注意してみても眉間のしわが解消されない際には、ぜひ当院へご相談ください。

当院のしわ・たるみ治療についてはこちら

マリオネットラインの解消法!手軽な対策をご紹介

2018年5月31日

みなさんこんにちは!

 

顔に出来るしわのしわは本当に気になりますよね?目尻のシワ、ほうれい線、乾燥によってできる小じわ・・・考えるだけで嫌気がします。

年だから仕方がないと妥協してしまえば、それが次第に悪化。数年後には取り返しのつかないことになっているかもしれません。

面倒くさいのは「マリオネットライン」という、唇のサイドからアゴに向かって縦に線が入る症例。

「軽症」「重症」と、症状によってもよりますが、マリオネットラインが出来るだけでも顔は老けた印象になります。

若い方でも出来ることは珍しくはありませんので老け顔予防としてもマリオネットラインの対策を知っておきましょう。

 

マリオネットラインとは?

 

マリオネットとは人形劇に登場する人形のことですよね。

この人形の口の形をみると、横にラインが入っています。

マリオネットラインの由来はこれから来ています。

別名で二重ほうれい線などとも呼ばれていますが、ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン、いずれも見た目年齢を上げてしまう要素ですので出来ればケアをしておきたいところですよね。

 

マリオネットラインが出来る原因とは?

 

マリオネットラインが出来る原因は以下の三つになります。

 

1.口角下制筋の萎縮・硬化

2.広頸筋の衰退

3.表情筋の衰退

 

以上の要因が考えられます。

では、それぞれ詳しい原因について解説してきたいと思います。

 

1.口角下制筋の萎縮・硬化

口角下制筋とは、への字口を作る際に口角を引き下げる筋肉になります。加齢と共に口角下制筋が硬くなりますと、口角が上がらず下がった状態になります。

 

2.広頸筋の衰退

広頸筋とは、あごにある咬筋、鎖骨周辺の胸筋筋膜を繋いでいる首周辺の筋肉です。

この筋肉が衰退すると、これまで支えていた頬の脂肪や皮膚がたるんでしまいます。

 

3.表情筋の衰退

表情筋、筋膜、脂肪は頬の皮膚の下にあります。

ところが、表情筋、筋膜が衰退することで皮膚や脂肪を支えることが出来なくなり皮膚のたるみが生じます。

マリオネットラインが起こる理由は、この中のどれか、もしくは複数が重なりあって起こり得ます。

頬が弛むと、脂肪が口角下制筋に重なり一本のラインができるように、マリオネットラインというのは、ただのシワではなく、たるんだ頬の脂肪によってできたくぼみなのです。

 

顔ヨガでマリオネットラインを解消する!

 

マリオネットラインが出来る原因をみるとわかる通り、表情筋が衰退することによって、皮膚、脂肪を支えることが出来なくなるのが大きな原因です。

ということは、自分で出来る方法としてはまずは表情筋を鍛えて衰えさせないように意識することです。

そこで、表情筋、口角下制筋を鍛えることができる「顔ヨガ」が効果的です。

実際、海外セレブたちがハマっていて、最近はこれが日本でもブームになっているようです。

また、欧米人と日本人の顔を比較すると圧倒的に欧米人の表情筋のほうが発達しています。

何故でしょうか?

 

これには生活習慣が関係していまして、日本人よりも欧米人たちのほうがコミュニケーションを行う習慣が多いため。

日本人は欧米人の2割程度しか表情筋を使用していないといわれています。そのため、積極的に表情筋を鍛えることを習慣化することでマリオネットラインやほうれい線の予防ができると考えられます。

そこで、簡単にできる顔ヨガについて解説したいと思います。

 

1.アヒルのくちばしのように鼻下の筋肉をとがらせて15秒間キープ

 

2.額にしわが寄らないように目線、眉を上に向ける

 

3.表情筋の力を抜いたら目を大きく開きます。

 

4.口角を上げることを意識してにっこりと笑います。

 

5.4の状態から下唇を前に出して、15秒間キープ

 

以上、1~5のメニューを2~3セット程度行います。

非常にシンプルで時間もかからないので、入浴中など鏡を見ながら行えばよいでしょう。

これを行うだけでも表情筋が強化されますのでマリオネットラインの予防としては効果的です。

 

マリオネットラインに効果的な施術

 

最後に、マリオネットラインが深くできてしまった場合、施術を行って治療することをおすすめします。

確かに、顔ヨガなど、表情筋を常に鍛えてたるみを予防することは大切なことですが、すでに弛んでしまった場合はトレーニングだけではなかなか解消することは難しいです。

そこで、マリオネットラインの治療を行う際におすすめの施術方法がヒアルロン酸注入です。

ヒアルロン酸注入であれば弛んだ皮膚の下にダイレクトにヒアルロン酸と注入することがでいるためしわの改善には効果的です。

気になる方は、一度ご相談ください。

ほうれい線の原因や予防について

2018年5月31日

みなさんこんにちは!

 

年を重ねていくと、どうしても肌のハリや弾力が失われていきます。

これによって目立つようになってくるのがほうれい線。

 

また、ほとんどの方は普段は気にしていないため「気が付いていたらできていた・・・」ということが多いのではないでしょうか?

鼻の横から口元まで、一度深いラインができてしまうとなかなか解消することもできません。

深いほうれい線ができるだけで顔が疲れて見えたりと悩ましいですよね。

では、そんなほうれい線ですが、実際に「浅くする」「消す」といったことはできるでしょうか?

 

ほうれい線ができる3つの原因とは?

 

ほうれい線は普段意外と意識されないことが多いようです。

でも、気が付いたころには深くて目立つほうれい線が出来上がっている・・・なんてことはよくあります。

そんなほうれい線ですが、どうしてできるのでしょうか?

原因を把握しておくことで、対策も考えられるのである程度の予防は可能です。

そこで、まずは何故、ほうれい線が出来るのか?原因についてお話ししたいと思います。

 

大きく分けるとほうれい線は二種類

 

10代など若年層でも、もともとの骨格によりほうれい線が目立つ場合はあります。

このほうれい線は比較的浅いほうれい線になります。

一方で、加齢と共に進んでいくほうれい線は深いほうれい線になります。

これらは同じほうれい線とはいえ、原因やメカニズムが異なりますので、まずは、ご自分のほうれい線の状態を把握しましょう。

 

薄いほうれい線

 

原因は、血行不良、不規則な生活による老廃物質の蓄積、肌の乾燥、表情の癖といったところです。

解消するためには、表情の癖、生活習慣に気を使いながら、美容液を使用して日ごろからスキンケアを行いましょう。

 

深いほうれい線

 

深いほうれい線は加齢によるものです。

若い方でも出来ることはありますが、年を重ねることで真皮の肌細胞を支えている「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」が減少してしまいます。

さらに、皮膚を支えている表情筋が衰えることにより頬が重力により垂れ下がりますので、ほうれい線の深さも目立ってしまいます。

このように、たるみによるほうれい線を解消するのは、日常の自宅でのケアだけではとても難しいのです。

できるだけ進行していかないよう、真皮にある潤い成分を増やすために、栄養バランスのとれた食生活、スキンケア、深い睡眠、表情筋トレーニング、マッサージなどを取り入れていきましょう。

 

20代でもほうれい線ができる理由。

 

一般的には若年層のほうれい線はそこまで深刻なものではないことが多いですが、

場合によっては深い法令線もできることもありますのでその原因を簡単にまとめます。

 

1.不規則な生活

2.睡眠不足

3.紫外線よるダメージ

4.疲れたときの姿勢

5.骨格

6.冷え性

7.疾病

8.疲労

9.ストレス

10.喫煙

11.飲酒

 

など、若いうちから、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを消耗するような生活習慣を送っている場合、

深いしわを作る可能性がありますから、日ごろから規則正しい生活、スキンケアを意識するようにしましょう。

それだけで、ほうれい線の度合いは随分変わるはずです。

 

自宅でできるほうれい線予防の簡単エクササイズ

 

こちらでは、ほうれい線を予防するためのエクササイズを紹介します。

自宅で気軽に実践できますし、普段行うだけでも解消につながるはずです。

 

舌回し体操

 

テレビでも度々紹介されていますのでご存知の方も多いかもしれませんね。

ほうれい線ができやすい部分をストレッチすることができますので、予防効果が期待できます。

また、舌を出して回すことにより表情筋がしっかりと鍛えられ、血行も促されるため非常に効果的なトレーニングなのです。

 

1.口を閉じた状態で歯と歯の間に舌を挟みます。

 

2.舌を使ってほうれい線を押すように円を描くように20回ほど回します。

 

3.左右平等に行います。

 

あいうえお体操

 

あいうえお体操はその名の通り、「あ」「い」「う」「え」「お」の動きをすることで表情筋を鍛えることができるトレーニングです。

けれども、これをやると逆にほうれい線ができるのではないかと不安に思われる方もいますが、そんなことはなく、肌のハリをキープできるのでたるみ予防に効果的なのです。

 

あ.口を思いっきり開けつつ目も大きく開きます。これで表情筋を鍛えます。

 

い.口を真横にぐっと伸ばします。えくぼ周辺の筋肉を鍛えます。

 

う.「う」とタコのような口を作り、力をいれます。

 

え.頬を挙げるようにして「え」の形を作り横に開きます。

 

お.口を縦に開き、ほうれい線を伸ばします。

 

この5つの動作を行うだけでも表情筋を鍛えることができるので時間のあるときに是非やってみてください。

クリニックでの治療

クリニックでの治療をご希望の場合はダブロがオススメです。

ダブロなら外科手術でしか解消できなかったSMASスマス(筋膜)と呼ばれる皮膚の土台のたるみ治療が可能です。

顔全体のリフトアップ・まぶたのたるみ・二重アゴ・ターキーネック・フェイスライン・目の周りの小じわ・ほうれい線の治療に効果があります。

すでに深いほうれい線ができてしまった方は当院にご相談いただければと思います。

ゴルゴライン(ゴルゴ線)の原因と簡単な解消法

2018年5月31日

みなさんこんにちは!

 

今回は目頭から頬に向けて走るゴルゴラインについてご紹介します。

頬周辺にできる線と言えば、ほうれい線が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

ほうれい線は、鼻の両脇から唇の両端に向けて伸びるラインのことです。

それに対して、ゴルゴラインとは、鼻筋と目の間にある目頭から頬の中心に向かって走る45度のラインを指します。

 

実はこのゴルゴラインはしわではありません。

頬の表情筋が衰えたり、肌の弾力が低下し筋肉がたるむと目の下周辺の脂肪が下垂し頬がくぼむことがあります

このくぼみがゴルゴラインと呼ばれていますが、由来は漫画に登場するゴルゴ13の顔にあるラインにそっくりだからです。

もちろん、これは通称であり、医学用語ではありません。

 

このような由来から、ゴルゴラインは男性ができるもの、女性にはできないのでは?

そんなイメージを持たれていた人も多いかもしれませんが、実際には男女ともにできる可能性があります。

 

ゴルゴラインと年齢の関係

ゴルゴラインについては、20代~50代と幅広い層の方が悩みを抱えてらっしゃいます。

ただ、ゴルゴラインの悩みを抱えているとは言え、すべての方が実際に特別ゴルゴラインの溝が深いというわけではありません。

20代の場合はまだ若いため、深いゴルゴラインができるケースは少ないですが、少しゴルゴラインの溝ができただけでもショックを受けてしまうものです。

30代くらいから目立ちはじめたと感じる人が増え、深いゴルゴラインに悩んでいるのは40代50代の方が多い傾向にあります。

ゴルゴラインの原因

ゴルゴラインの傾向としては、加齢を重ねるほど深くなっていきます。これはほうれい線と一緒ですね。

ほうれい線は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが減少し肌のハリ、弾力が失われてできるもの。

ゴルゴラインの場合は、表情筋など筋肉が衰え、たるみが生じることによりみられる症状です。

では、加齢と共に現れる傾向にあるゴルゴラインは60代、70代、それ以上の高齢者に必ずみられるものなのか?

というとそんなことはありません。

皮脂の分布、骨格も関係してくるため、そこには個人差が生まれますが、

例えば、欧米人のように頬の骨が平べったい形をしている場合はゴルゴラインが多くみられます。ところが、頬の骨が突出している人にはゴルゴラインは見られにくい傾向にあるのです。

このように、ゴルゴラインといえど、その人の骨格をはじめ、生活環境、体質、遺伝などによっても原因は少しずつ異なります。

 

ゴルゴラインになりやすい人

20代のころはゴルゴラインを確認することはできても筋膜がしっかりとしているためそこまで目立つものでもありません。

30歳を過ぎたことからそれが目立つようになります。

しかも、ゴルゴラインは一度深くできてしまうとそれを解消するのに一苦労。なかなか改善しない厄介なものであることは間違いありません。

では、ゴルゴラインができやすい人の傾向としては

1.目元の脂肪が少ない

2.クマができやすい

3.目が大きい

4.パソコンやスマホをよく見る

などが挙げられます。

 

パソコン、スマホなど、近いところでものを見る、字を読む傾向にある人は無意識のうちに目が疲れ、表情をつくろうとせず周辺の筋肉が衰える生活習慣を送っている可能性も考えられるのです。

また、姿勢の悪さや長時間 同じ姿勢での動画視聴も目元の血行を悪化させるためゴルゴラインを作る原因になりかねません。

 

では、ゴルゴラインとどのように付き合っていけばよいでしょうか?

 

ゴルゴラインの簡単な解消法

それではゴルゴラインを少しでも解消するために、自宅で出来る簡単なエクササイズやマッサージなどをご紹介したいと思います。

眼精疲労の予防

スマホ、PC、テレビを長時間みる行為は眼精疲労の原因になります。眼精疲労が起こると目元周辺の神経が疲労し、筋肉の硬直を起こします。

特に、20代の段階でゴルゴラインが出来る場合は眼精疲労が原因の一つとしても考えられます。

まずは、長時間のスマホやPCの閲覧、テレビの視聴時間の見直しだけでも効果は期待できるはずです。

マッサージ

1.筋肉をほぐす

中指、人差し指を使い頬を触るとわかると思いますが、比較的大きな筋肉があります。それを強めに押し込みほぐします。

2.マッサージ

押し込んだ位置から耳の方向へスライドさせるように、伸ばすようにマッサージします。

3.顔の上から下へ

顎から頬へ、両手を使い交互になでるようにして頬を引き上げます。

 

エクササイズ

1.ストレッチ

口を縦長に開き、上唇を前方に突き出します。

2.キープ

1.の状態を30秒間キープします。これを5回ほど行います。

 

ゴルゴラインの施術について

いかがでしたか?

こちらでは、ゴルゴラインの原因と自宅でも簡単にできる解消法についてお話ししました。

 

深いゴルゴラインとなると、

ストレッチやトレーニングではなかなか解消することが大変ですので、

お悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

「ダブロ」「サーマクール」などの医療機器での施術をはじめ、

治療方法については、一人一人の症状に合わせて選択する必要がありますので、まずは専門医にご相談ください。

当院のしわ・たるみ治療についてはこちらをご覧ください。
http://shirokane-biyou.com/menu/wrinkle/

麻疹(はしか)予防接種について

2018年5月25日

最近、ニュースでも取り上げられていますが、

麻疹(はしか)の感染が広がっていますね。

 

そのこともあり、

当院でも麻疹ワクチン(予防接種)の問合せが多くなりました。

 

過去 麻疹に感染したり、予防接種を2回 受けた方は免疫があり予防接種は不要です!

母子手帳を確認の上、接種していない場合はワクチン接種をしておきたいですね!

 

・1977年以前生まれの方
定期接種はなかったが、自然に感染して免疫がある人とない人がいる

・1977~90年生まれの方
定期接種1回世代で、免疫の低い可能性がある

・1991年以降生まれの方
定期接種2回世代

 

「1歳~2歳未満(1期)」と、

「小学校就学前の4月〜3月31日までの1年間(2期)」は、

定期接種が受けられます。

 

港区では、定期接種の接種機会を逸した方に

任意接種助成、0歳児と同居する保護者等を対象に抗体検査助成が受けられます。

※妊娠中は予防接種が受けられません。

詳しくは港区ホームページをご覧下さい。

 

【当院の価格】

・麻疹抗体検査 3,240円
・麻疹単独ワクチン 5,400円
・麻疹風疹混合ワクチン 10,800円

 

現在、全国的に予防接種希望者が増えておりワクチンが不足しています。

ご迷惑おかけしておりますが、

接種希望の方は事前にご確認ください!

 

医療レーザー脱毛【初回トライアル】実施中♪

2018年5月1日

医療レーザー脱毛【初回トライアル】実施中です♪

安心の医療レーザー脱毛体感してください♪

レーザー脱毛は医療行為です 使用している脱毛器も医療用で、効果的に脱毛できます♪

機器:エリート(サイノシュア社)

 他の脱毛方法に比べて肌への負担が少なく
 色素沈着のリスクなども少ないです
 肌トラブルや状態に合わせて医師の診断のもとに施術します

★★まずはワキ脱毛

・初回トライアル価格(税別)
10,000yen → 5,000yen

・2 回目以降も 2 ヶ月以内のご予約で
9,000yen → 6,300yen

★★男性には(女性も♪)ヒゲ脱毛(鼻の下 or 顎)

・初回トライアル価格(税別)
8,000yen → 4,000yen

・2 回目以降も 2 ヶ月以内のご予約で
7,200yen → 5,040yen

診療予約はこちら(完全予約制)

03-3447-3377

診療時間
8:30~19:00(水・土 8:30~12:30)

カウンセリング予約はこちら

診療時間
8:30~19:00 ×

診療時間
8:30~19:00(水・土 8:30~12:30)
休診日
日曜日・祝日・水、土曜日午後・第5水曜日

  • メディカルスキンケアシリーズ 咲麗(さきうら)コスメティクス
  • Co2バイオレットパック(炭酸パック)
  • 男性専用外来・男性の薄毛・ED・更年期治療
  • 人間ドック・がん・脳梗塞・心筋梗塞・認知症・栄養解析
  • 保険診療はこちら 白金坂の上診療所

白金坂の上診療所ブログ

インスタグラム

facebook

スタッフ募集